正看護師と準看護師の異なるところは?

正看護師と準看護師の最も異なるところは資格の有無です。
要は、正看護師は国家試験に通らなければ、正看護師とは認められません。
でも、準看護師は国家試験ではなく、資格が与えられるのは各都道府県の知事からなのです。
ですから、准看護師の立場では、正看護師に指示はできず、どんなに優秀でも、看護師長などの役職を与えられたり、指導をする立場にも立てません。
看護師って医療機関勤務で手堅そうな職業ですが、けっこうしんどい仕事の割には給与はたいしたことはないです。
婦長クラスにまでいったらともかく、その他のほとんどは大変な割にはいまいちの額なのです。
賃金の低さに嫌気がさし退職する看護師も稀ではありません。
看護師は医療ミスになるような行為を行っていない考える人が少なからずいるかもしれません。
よくお医者さんによる手術の失敗がニュースになっていたりしますから。
ただし、注射をはじめ、点滴を打つのを間違えたりすることもあり、最もひどい場合、訴えられたりすることもあるのが看護師です。