スギライトについて

スギライトは、1940年代に日本の瀬戸内海にある岩城島(いわきじま)で発見され、1970年代に認定された比較的新しい鉱物です。
申請した岩石学者の師である杉健一教授の名前が由来と言われています。
20世紀最高の癒しの石とも言われ、ヒーリングパワーはかなり強く、気持ちを鎮め、ストレスを癒し、平穏さを与えると言われています。
「癒しの石」と呼ばれるスギライトは、ストレス解消には特に高い効果を発揮し、心の傷を癒すエネルギーがあります。
また、ネガティブな思考に陥るのを防ぎ、さらに、ネガティブな感情が引き起こすさまざまな災難からも身を守ってくれます。
精神的に不安定な人や感受性が強い人、落ち込みやすい人などにおすすめの石です。
また、「永遠の愛の石」とも呼ばれており、心身を愛で満たし、パートナーとの不変の愛を手に入れるのに効果を発揮し、邪悪なものから身を守ってくれるでしょう。
大きく分けると、色が濃く黒っぽいものほど霊、人の想念、環境などの外部のマイナスエネルギーから持ち主を守る力が強くなり、逆に色が明るくなるほど癒しの力が強まり、優しいエネルギーとなります。
色が濃いほど個性が強いため、自分で持ってみて合わなければ明るい色のものを選ぶとよいでしょう。
スギライトの意味?相性・組み合わせとチャクラの不思議【浄化方法】